フリーダイヤル
0120-323-363
9:00~18:00
※携帯電話からも通話できます。

【詳細ガイド】モルタル壁の特性とメンテナンス方法まとめ

更新日2023年10月27日

モルタル壁、それは日本の住宅建築において長い歴史を刻んできた、美しさと機能性を兼ね備えた壁材です。

その一方で、モルタル壁は経年劣化によるトラブルも見逃せません。
特に、新築から30年を超えると、外壁の劣化が進み、雨漏りや耐震性能の低下を招く可能性があります。

この記事では、モルタル壁の特性から、劣化の兆候、メンテナンス方法、リフォームの必要性まで詳しく解説します。
これからモルタル壁の家を建てる予定のある方、すでにモルタル壁の家に住んでいる方、そしてこれからリフォームを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装なら創建ペイント
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・三重大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・三重
  • 高品質・低価格な外壁塗装
  • 保険会社の延長保証保険、
    塗膜補償&自社保証のトリプル保証
  • 創設75年以上×5万戸超の供給実績

お電話でのお問い合わせ
9:00~18:00

自宅の写真でカラーシミュレーション
この記事の監修者
創建ペイント
相見 忠明
・ガス可とう管接続工事監督者
・一級建築物石綿含有建材調査者
・第二種電気工事士

職人として9年間、建築現場作業に就き、大手アウトソーシング会社にて5年間のメンテナンス業務を経て、内装に関する資格を習得し、現場管理兼職人として内装・リフォームの知識と経験を深める。
株式会社創建に入社後、外壁塗装に従事し、現在は、創建ペイントの全ての物件の外壁塗装の現場管理を担当しています。

モルタル壁の特徴&概要まとめ

モルタル壁は20世紀の日本の建築文化のなかで大きな位置を占め続けてきました。
一見するとシンプルながらも、その中には多くの特性と機能が詰まっている。
それがモルタル壁です。

ここでは、モルタル壁の基本的な構造、意匠性、そして現在の採用状況について詳しく見ていきましょう。

モルタル壁の基本的な構造は?

モルタル壁は、水、セメント、砂を混ぜ合わせて形成されます。
その起源は古く、日本では1920年代、つまり大正時代から盛んに用いられるようになりました。
その契機となったのは、1923年の関東大震災とその復興です。

モルタル壁はその耐震性と耐火性から、関東大震災だけでなく戦後の復興期の建築にも多く採用されました。
特に、洋風な住宅が流行した1970年代後半から1980年代前半ころはモルタル壁の全盛期でした。

モルタル壁の意匠性は?

モルタル壁は意匠性に優れているのが大きな特徴です。
その質感と色彩は、深い味わいのある仕上がりを生み出します。

具体的な仕上げ方法としては、リシン仕上げ、スタッコ、吹付け、左官仕上げなどがあります。
これらの仕上げ方法により、さまざまな表情を持つ壁面を作り出すことが可能です。

例えば、リシン仕上げは、一見シンプルながらも深みのある表情を持ち、スタッコは独特の質感を持ちます。
モルタル壁には様々な表情を持たせることが可能なのです。

モルタル壁の採用状況は?

現在、新築の一戸建てでは窯業系サイディングが主流となっています。
そのような流れの中でモルタル壁の採用は少なくなっているもののまだまだ現役です。
その理由は、モルタル壁が持つ耐火性・耐久性、意匠性と高さにあります。

火災は住宅に甚大な被害を与えます。
地震大国の日本では耐震性もさることながら、地震後に発生する火災への対策も考えなければなりません。
その点、モルタル壁の耐火性は大きな利点です。

また、モルタル壁の意匠性の高さも大きな魅力です。
職人の手作業で仕上げられる場合などは特にデザイン性の高い壁にすることができるでしょう。

モルタル壁の劣化症状は?

モルタル壁は、その耐久性とデザイン性から多くの住宅や建築物に使用されてきましたが、それが長年の経過とともに劣化してくると、さまざまな症状が現れます。
それらの症状を見逃さずに、適切なメンテナンスを行うことが大切です。

では、具体的にはどのような症状が現れるのでしょうか。
以下の初期の劣化症状に特に注目して解説していきます。

症状名 症状の特色
変色 ・日光(紫外線)にさらされることで塗料の樹脂が破壊され褪色
・見た目が悪くなる
カビ ・湿度の高い日本の気候では発生しやすい
・日陰になる部分や雨が直接当たる部分は特に注意
チョーキング ・紫外線や雨風に晒されることによって発生
・手で触ると白い粉がつく
・防水機能の低下を招く
ヘアークラック ・幅0.3mm未満、深さ4mm未満の浅いひび
・雨水の侵入で内部劣化が進む
・これ以上の幅や深さのクラックは「構造クラック」と呼ばれる

【1】変色やカビの発生

まず最初に見られるのが、モルタル壁の「変色」や「カビ」の発生です。
モルタル壁は水分を吸収しやすい性質があり、その結果、湿度の高い日本の気候によってカビが発生しやすい傾向にあります。
特に、日陰になる部分や雨が直接当たる部分は要注意です。

変色は、壁の表面が日光(紫外線)にさらされることで塗料の樹脂が破壊され、その結果、元の色から褪色していく現象を指します。
これらは、時間の経過とともに避けられない現象ですが、洗浄や塗り替えなどで早期に対処することで、見た目の美しさを保つことが可能です。

【2】白い粉をふくチョーキング

次に、モルタル壁が劣化すると「チョーキング」と呼ばれる現象が起こります。
これは、壁の表面が紫外線や雨風によって劣化し、白い粉が吹き出る状態を指します。
この白い粉は、壁から手を滑らせると指に付着するため、手で触って確認することも可能です。

このチョーキングが進行すると、モルタル壁の防水性能が低下し、さらに深刻な劣化が進む可能性があります。早期の対処が求められる症状です。

【3】細いひび割れヘアークラック

また、モルタル壁の劣化により「ヘアークラック」と呼ばれる細いひび割れが生じることもあります。
幅0.3mm未満、深さ4mm未満の浅いひびのことです。
これは、モルタル壁の収縮や伸びによるもので、見た目にも影響を及ぼすだけでなく、ひび割れから雨水が侵入し、内部で劣化を進行させる原因ともなります。

なおひび割れが幅0.3mm以上、深さ4mm以上となると「構造クラック」と呼ばれます。
こちらは建物の基礎部分の腐食にもつながりうるので、さらに早急な補修が必要です。

モルタル壁の耐用年数は?

モルタル壁と聞くと、その強固さや美しい仕上がりが魅力とされていますが、その耐用年数についてはどの程度なのでしょうか。
ここでは、モルタル壁の耐用年数と、それを過ぎた場合の影響、さらにはその寿命を延ばす方法について詳しく見ていきましょう。

モルタル壁の耐用年数=約30年

モルタル壁の耐用年数は約30年と言われています。
これは、モルタル壁の素材である水、セメント、砂が混ぜ合わされ、時間と共に硬化することで得られる強度が、約30年間維持されるという意味です。

2023年現在、30年前というと1993年頃ということになります。
この時期ぐらいからサイディングの台頭が始まりましたが、まだまだ新築にモルタル壁も多く使われていた時期なので、モルタル壁の耐用年数に来ている住宅も多いのではないでしょうか。

この点を踏まえ、自宅の建築年を確認し、モルタル壁の状態をチェックすることが大切です。

耐用年数を過ぎたモルタル壁の影響

耐用年数を過ぎたモルタル壁はどのような影響があるのでしょうか。
メンテナンスや修理を施さずに耐用年数を過ぎたまま使用を続けると、外壁材の劣化が進み、雨漏りや耐震性能の低下を招く可能性があります。

これは、モルタル壁が雨風にさらされることで「浮き」や「剥がれ」などといった深刻な劣化が発生し、その結果、壁の中に水が浸入しやすくなるためです。
さらに、地震による揺れに対する耐性も低下します。

これらの影響を避けるためにも、定期的なメンテナンスや修理が必要となります。

モルタル壁の寿命を延ばす方法

モルタル壁の寿命を延ばすには、どのような方法があるのでしょうか。

まず一つ目は、定期的な塗装です。
塗装はモルタル壁を保護し、劣化を防ぐ役割を果たします。
また、モルタル壁の美観を保つためにも、塗装は欠かせません。

二つ目は、専門家によるリフォームです。
モルタル壁の劣化が進んでいる場合や、壁にひび割れや浮きなどのダメージが見られる場合は、専門家に依頼し、リフォームを行うことをおすすめします。

モルタル壁の修理とリフォーム

モルタル壁が痛んできた場合や、寿命を延ばしたい場合、修理やリフォームをする必要があります。
モルタル壁の修理やリフォームについて考える際には、費用や方法、メリットなどをしっかりと理解しておくことが重要です。

以下では、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

モルタル壁の修理費用

モルタル壁の修理にかかる費用についてですが、一般的に約30坪(148㎡)の住宅で塗装による修理を行う場合、約80〜120万円程度となります。
ただし、この価格はあくまで一例であり、実際の費用は住宅の状況や修理の内容により変動するものです。
そのため、修理を検討する際には、専門家に相談し、具体的な見積もりを取ることが大切です。

モルタル壁のリフォーム方法

モルタル壁のリフォーム方法については、専門家のアドバイスを参考にして決めることをおすすめします。
例えば、以下のようなさまざまなリフォームの方法があります。

その中から、自分の住宅の状況や予算、デザインの希望などを考慮して最適な方法を選びましょう。

モルタル壁のリフォームのメリット

モルタル壁のリフォームには、数々のメリットがあります。
もっとも大きなメリットは、リフォームを行うことで、壁の劣化を防ぎ、長持ちさせることも可能になる点です。
快適な生活環境を維持するだけでなく、将来的な修理費用を抑えることも期待できます。

その一つが、デザインの自由度が高いという点です。
モルタル壁はもともと、素材自体が持つ質感や色合いを活かしたデザインが可能で、高級感ある仕上がりを実現することができるものです。
塗り替えなどのリフォームによって、その長所はより引き立つことでしょう。

モルタル壁についてよくある質問

モルタル壁に関して、皆さんがよく疑問に思うことを3つピックアップしました。

以下で詳しく解説していきます。

モルタル壁の劣化を防ぐための最善の方法は?

モルタル壁の劣化を防ぐためには、「水の浸入を防ぐ塗料の使用」や「定期的な塗装メンテナンス・リフォーム」が有効です。
特に、水の浸入はモルタル壁の劣化を早める大きな要因なので、防水機能低下を招くチョーキングや、水の侵入の元となるヘアークラックを見つけたら早急に対策を行うことが重要です。

モルタル壁のメンテナンスに必要な頻度はどのくらいか?

モルタル壁のメンテナンスは、新築から8年~10年ごとに定期的に行うのが良いとされています。
ただし、これはあくまで目安であり、住環境や被災の有無などによっても変わってきます。
定期的に住宅の壁の様子を点検しつつ、メンテナンスの時期を推しはかり、壁の劣化を防ぐようにしましょう。

モルタル壁の修理やリフォームに必要な時間はどのくらいか?

モルタル壁の補修にかかる時間(期間)については修理作業全体の内容・規模により変動することが考えられるため、一概には言えない部分があります。

よって、事前に業者に確認しておくことをおすすめします。
ただ、あくまでも一般論とはなりますが、外壁塗装の場合は2週間前後かかると想定されておくと宜しいでしょう。

まとめ

モルタル壁は、意匠性に優れたデザインと深い味わいが特徴ですが、劣化が進むと、変色、チョーキング、ヘアークラックなどの問題が発生します。

モルタル壁を持つ住宅をお持ちの方は、定期的なメンテナンスや適切なリフォームを行うことで、モルタル壁の魅力を長く維持することができることでしょう。
モルタル壁の特性やメンテナンスについて十分に理解した上で、塗り替えをはじめとするメンテナンスを検討してみてはいかがでしょうか。

外壁塗装なら創建ペイント
beforeafter
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・三重大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・三重
  • 高品質・低価格な外壁塗装
  • 保険会社の延長保証保険、
    塗膜補償&自社保証のトリプル保証
  • 創設75年以上×5万戸超の供給実績

お電話でのお問い合わせ
9:00~18:00

0120-323-363
※携帯電話からも通話できます。
自宅の写真でカラーシミュレーション
コラム運営者
創建ペイント事務局

創建ペイントは、創建グループの「創建」「小林住宅」が培ってきたハイレベルな施工品質による外壁や屋根の塗装工事を行う外壁塗装専門の事業です。
自らが建てた家はもちろん、他社で建てられた家についても、その高いメンテナンス技術を惜しみなく提供いたします。
本コラムは創建ペイントが運営する外壁塗装に関するお役立ちコラムです。

Instagram
YouTube
X
Threads

1983年創業、暮らしの
豊かさを追求しつづける
「創建」の供給実績。

創建が建ててきた1万戸以上の家は、異なる環境、立地条件で
一軒ずつ、お住まいになるご家族と真摯に向き合って建築した
住まいです。その実績、経験は常に次の住まいに活かされ、
施工品質においても、そういった積み重ねが
大きな信頼につながっています。

創建供給実績
10,000戸超

※2023年8月現在

実績例

※2023年8月現在
物件名 総戸数
三田エリア ルナ三田フラワータウン 60
ルナ三田ウッディタウンあかしあ台 82
ルナ三田ウッディタウンわんぱくスクエア 108
ルナ三田ひばりが丘 149
神戸エリア パークヒル神戸小倉台 75
ルナ藤原台中町パークフロント 82
ルナ上津台 81
ルナ北六甲116 クルムの街 116
西神戸・ 
阪神エリア
ルナ西神中央 97
ルナ塚口 52
ルナ昆陽池公園 51
東大阪・ 
北摂エリア
ルナ南摂津 80
ルナ加納 71
ルナ山本 57
大阪市内・ 
南大阪エリア
ルナタウン島屋 55
ルナ城山公園 52
ルナ東百舌鳥 109
ルナ原山台 46
京都エリア ルナシティ同志社山手 237

街を拓き、家を建てる。
その先の未来まで考えながら
住まいづくりを積み重ねた結果が、
1万戸超の金字塔に。

商号

株式会社 創建

創立

昭和58年3月1日

設立

昭和61年9月4日

資本金

8,000万円

代表者

代表取締役会長 吉村 孝文

代表取締役社長 吉村 卓也

執行役員一覧

執行役員 大下 憲二

執行役員 岡本 賢二郎

本社所在地

〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町3丁目5番13号
創建御堂筋ビル5階
Tel:06-6221-0001 Fax:06-6221-0155
詳しい地図はこちら

東京支店所在地

〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1丁目16番5号
ヒューリック神田ビル6階
Tel:03-5209-5505 Fax:03-5295-2030
詳しい地図はこちら

売上高

151.3億円(令和5年5月期)

従業員数

従業員数 190名 創建グループ総数 343名(令和5年5月期)

事業内容

建売住宅・マンション等の販売/オフィスビル商業施設等の賃貸/
建築総合請負/設計監理に関する業務/リフォーム事業/外壁塗装事業

Check

大阪府と連携し
ZEHの普及に取り組んでいます

ZEHとは、住宅の高断熱化と省エネルギー設備機器により消費エネルギーを減らしつつ、太陽光発電等によりエネルギーをつくることで、年間で消費する住宅のエネルギー量の収支が概ねゼロとなる住宅のことです。創建・小林住宅ではZEHの普及を進める大阪府の協力事業者として連携協定を締結し、ZEH宿泊体験を提供しています。

大阪府と創建・小林住宅の連携協定
image photo

本社所在地

本社所在地

〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町3丁目5番13号
創建御堂筋ビル5階
Tel:06-6221-0001 Fax:06-6221-0155
大阪府知事登録(ト)第13668号/東京都知事登録 第59802号

施工エリア

施工エリア 関西二府四県

施工エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城

※別途、交通費が発生する場合があります。

外壁塗装の参考文献