フリーダイヤル
0120-323-363
9:00~18:00
※携帯電話からも通話できます。

雨漏りで漏電の危険性は?リスクと対処法を徹底解説

更新日2024年5月24日

家の中で雨漏りが発生すると、「もしかして漏電の心配があるのでは?」と感じることはありませんか?
雨水が建物内部に侵入し、電気配線やコンセントに触れることによって漏電が発生する可能性があるのです。

漏電は、家電だけでなく感電や火災を引き起こすこともあり、早急に対策する必要があります。
この記事では、雨漏りが原因で漏電するメカニズムや漏電の危険性、対策方法を解説します。
安全で快適な生活空間を維持するためにも、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装なら創建ペイント
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・三重大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・三重
  • 高品質・低価格な外壁塗装
  • 保険会社の延長保証保険、
    塗膜補償&自社保証のトリプル保証
  • 創設75年以上×5万戸超の供給実績

お電話でのお問い合わせ
9:00~18:00

自宅の写真でカラーシミュレーション
この記事の監修者
創建ペイント
相見 忠明
・ガス可とう管接続工事監督者
・一級建築物石綿含有建材調査者
・第二種電気工事士

職人として9年間、建築現場作業に就き、大手アウトソーシング会社にて5年間のメンテナンス業務を経て、内装に関する資格を習得し、現場管理兼職人として内装・リフォームの知識と経験を深める。
株式会社創建に入社後、外壁塗装に従事し、現在は、創建ペイントの全ての物件の外壁塗装の現場管理を担当しています。

雨漏りが原因で漏電するって本当?

雨漏りは、電気配線に影響を与えて漏電を引き起こす可能性があります。
雨漏りが原因で漏電?と思わず、怪しいと思ったときは疑ってみるようにしましょう。
具体的にどのように雨漏りが漏電の原因になるのか、詳しく見ていきましょう。

雨漏りと漏電の関係

雨漏りが発生すると、建物の内部に水が浸入します。
侵入した水が電気配線やコンセントに接触すると、漏電が発生してしまうのです。

雨漏りが電気配線に触れた際は、迅速に対応する必要があります。
特に、古い建物や電気設備が劣化している場合にはリスクが高まります。

通常、電気配線には「絶縁処理」がされていますが、雨漏りにより雨水が建物内部に侵入すると電気配線やコードの絶縁体の隙間に、水が入り込んでしまうのです。
内部の防水処理が不十分だったり、絶縁体が古くなっていると、ショートを引き起こす可能性もあります。

漏電のメカニズム

漏電とは、本来の電気経路以外に電流が流れてしまう現象です。
雨漏りによる水が電気配線に触れることで、電流が本来の電気回路を通らずに外部へ流れてしまいます。

配線の断線や絶縁の劣化が進んでいる場合は、浸水による危険性が一層高まります。
漏電が発生すると、火災や感電といった重大な事故につながるおそれもあります。
日常生活で使用する家電製品も、安全が損なわれるリスクがありとても危険です。

漏電の危険性

漏電による危険性は、次のようなものが挙げられます。

漏電は火災の発生原因となるだけでなく、感電事故も引き起こす可能性があります。
漏電し器具に触れると、人の体の中に電気が流れてきてしまいます。

特に小さな子供やペットがいる家庭ではリスクが高まるため注意が必要です。
漏電が発生した際、感電すれば大けがをする場合もあります。

漏電により火災が発生すると財産だけでなく、人命にも影響を及ぼします。
放置せず、専門の業者に早急に相談してください。

雨漏りによる漏電のリスクを最小限にするための対策

雨漏りによる漏電リスクを最小限に抑えるためには、しっかり対策をとる必要があります。
迅速な対応と適切なメンテナンスを実施すれば、大きなトラブルを未然に防ぐことができます。
雨漏り効果的な方法をご紹介します。

雨漏りの早期発見と修理

雨漏りによる漏電リスクを最小限に抑えるためには、雨漏りを早期に発見し、修理することが最も効果的です。
屋根や外壁の定期的な点検を行い、ひび割れや劣化箇所を見つけたら速やかに補修しましょう。

雨季が始まる前に定期点検を実施すれば、トラブルを未然に防げます。
建物の弱い部分や、特に雨が染み込みやすい場所を重点的に確認しましょう。
プロの業者による定期的な点検も有効な手段です。

防水工事の実施

防水工事を実施すれば、雨水の浸入を防ぎ、漏電リスクを低減できます。
特に、屋根やバルコニーの防水工事は重要で、専門業者に依頼するのがおすすめです。

防水処理は、防水シートの設置や、防水塗料の塗布、屋根や外壁の補修などが一般的です。
劣化した部材の保護や新たな浸水を防ぐことができます。

防水工事は、屋根や屋上などに防水層を形成する工事です。
防水工事をすれば今後は絶対に安心というわけではなく、定期的なメンテナンスも大切です。

電気設備の点検とメンテナンス

定期的な電気設備の点検とメンテナンスを行い、劣化した配線やコンセントを交換しましょう。
プロの電気工事士に依頼するのがおすすめです。

電気配線の劣化や、絶縁体の損傷を早期に発見し、必要ならすぐに修理を行います。
新しい漏電遮断器などを導入すれば、さらなる安全性を確保できます。

雨漏りと漏電を防ぐための具体的な対策

雨漏りや漏電は事前に対策をすれば防げるものです。
屋根や外壁の点検方法やDIY対策を知ることで、建物の安全性を高めましょう。

電気設備の保護も重要な要素です。
雨漏りと漏電を防ぐための具体的な対策を紹介します。

屋根や外壁の点検方法

建物の健全性を維持するために、屋根や外壁の点検は必要不可欠です。
特に注意したいのは、瓦やシングルのズレ、ひび割れ、劣化です。

まずは目視点検から始めると良いでしょう。
もし瓦が浮いていたり、ひび割れが見つかった場合は早急な補修が必要です。

屋根や外壁などは高所作業が伴うため、双眼鏡やドローンを活用すると安全に確認ができます。
点検作業は少なくとも年に一度、台風や大雨の後には即座に行うとリスクを軽減できます。

屋根の勾配や排水経路もチェックして、雨水が適切に流れるようにしておくのも有効な対策です。
早期に点検をすれば、問題が深刻化する前に早期発見できるでしょう。

雨漏り防止のためのDIY対策

小規模な雨漏りを未然に防ぐためには、簡単なDIY対策がおすすめです。

おすすめのDIY対策
シーリング材 屋根の隙間や劣化した箇所
コーキング剤 外壁のひび割れ

DIYは、屋根の隙間や劣化した箇所にシーリング材を充填する方法があります。
シーリング材はホームセンターなどで手軽に入手できます。

外壁のひび割れに対してはコーキング材を使用すると良いでしょう。
ひび割れ部分をしっかり清掃し、コーキング材を塗布して乾燥させるだけで、簡単に補修できます。
雨樋の詰まりも雨漏りの原因となるため、定期的に掃除を行うのも大切です。

大規模な修理や高所作業は専門業者に依頼することをおすすめします。
プロに頼めば、安全性が確保され、持続的な効果が期待できるでしょう。

電気設備の保護方法

雨漏り対策として、電気設備の保護も有効です。
防水カバーを設置すれば、電気配線やコンセントを水から守れます。
特に、屋外に設置された電気設備は防水対策が欠かせません。
配線には絶縁テープを使用し、保護を強化します。

屋内でも水がかかりやすいキッチンやバスルームの周りは特に注意しなければいけません。
防水コンセントや感電防止カバーを導入することで、安全性が向上し、漏電時に事故を避けるにはアースも有効です。
電気製品にアースがついていれば、アースの方に電気が流れるため感電の可能性が低くなります。

電気設備の定期的な点検を行い、劣化が見受けられた場合はすぐに交換しましょう。
電気機器を直接触るのは危険です。

ただし、電気設備は専門の業者に対応を依頼してください。
プロの電気工事士に点検を依頼すれば、安心して電気を使用できる環境が維持できます。

雨漏りと漏電に関するよくある質問と回答

ここでは、雨漏りと漏電に関するよくある質問と回答についてまとめました。
疑問を解消すれば、適切に対策できるようになります。ぜひ参考にしてください。

【Q1】雨漏りが発生したらすぐに電気を切るべき?

雨漏りが発生した場合、すぐに電気を切ることが大切です。
ブレーカーを落とせば電気の流れを遮断できるため、漏電の危険を最低限に抑えられます。
ブレーカーを落とした後は、濡れている場所や電気設備には絶対に触れず、迅速に専門業者に連絡して修理を依頼しましょう。

専門業者が到着するまでの間にできることとしては、雨漏りしている場所にバケツやタオルを敷いて水を受けるなど、二次被害を防ぐ対策です。
初動対応により、大きな事故を未然に防げる可能性が高まります。

【Q2】雨漏りを放置するとどのような危険がある?

雨漏りを放置すると、漏電による火災や感電のリスクが上がります。
建物の構造自体が水分を吸収して腐食し、耐久性が著しく低下する恐れもあります。

建物に侵入した水分は、壁や天井にカビをもたらします。
最悪の場合、アレルギーや呼吸器疾患などの健康被害を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

木造建築であればシロアリの被害が増加する原因にもなります。
早急に修理することで建物の寿命を延ばせば、住環境を安全に保つことができるでしょう。

【Q3】漏電ブレーカーは効果的?

漏電ブレーカーは非常に効果的です。
漏電が発生すると、自動的に電気を遮断してくれるため、火災や感電のリスクを大幅に低減します。

通常のブレーカーと併用するのが一般的で、特に水回りや雨漏りのリスクが高い場所に設置すると良いでしょう。
設置はプロの電気工事士に依頼することをおすすめします。
定期的な動作確認も忘れずに行い、万一の際に確実に機能するようにしておくことが重要です。

まとめ

雨漏りが漏電の原因となる可能性は非常に高く、早急に対応することが重要です。
雨漏りの原因は、コーキングの損傷や屋根の破損も考えられます。

今回紹介した対策を実践し、自宅の安全を守ることが大切です。
外壁・屋根の点検、修理は、信頼できる専門業者に相談するのがおすすめです。

創建ペイントでは、外壁塗装のプロです。
外壁劣化・雨漏り対策で外壁塗装をお考えの際は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

供給実績10,000戸超の実績を誇る「創建ペイント」は、家づくりに携わってきた施工力や、現場の品質管理のノウハウを元に、「高品質なのに低価格」の外壁塗装・屋根塗装サービスを提供しています。

また、お客様に安心してサービスをご利用いただくための保証制度もご用意しており、「自社による塗膜保証10年」「メーカーによるシーリング保証5年付帯」と、自社保証だけでは不安という方にも安心頂けるように、オプションで「第三者機関による瑕疵保証と塗膜保証」に変更することも可能です。

全国にわずか5社しかない国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人の2社と提携しており、「瑕疵保証の10年延長」「補償限度額1,000万円」を実現していますので、万が一の際にも安心できる充実の保証体制です。

大切なお住まいに関するお悩みや、修理・メンテナンスなどでお困りの際は、ぜひ「創建ペイント」まで、お気軽にご相談ください。

創建ペイントの公式サイトでは、見積もりやカラーシミュレーションを無料で試すこともできます。
費用について心配な方も、是非参考にしていただければ幸いです。

自宅の写真でカラーシミュレーションできる無料サービスも、ぜひご利用ください。

外壁塗装なら創建ペイント
beforeafter
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・三重大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・三重
  • 高品質・低価格な外壁塗装
  • 保険会社の延長保証保険、
    塗膜補償&自社保証のトリプル保証
  • 創設75年以上×5万戸超の供給実績

お電話でのお問い合わせ
9:00~18:00

0120-323-363
※携帯電話からも通話できます。
自宅の写真でカラーシミュレーション
コラム運営者
創建ペイント事務局

創建ペイントは、創建グループの「創建」「小林住宅」が培ってきたハイレベルな施工品質による外壁や屋根の塗装工事を行う外壁塗装専門の事業です。
自らが建てた家はもちろん、他社で建てられた家についても、その高いメンテナンス技術を惜しみなく提供いたします。
本コラムは創建ペイントが運営する外壁塗装に関するお役立ちコラムです。

Instagram
YouTube
X
Threads

1983年創業、暮らしの
豊かさを追求しつづける
「創建」の供給実績。

創建が建ててきた1万戸以上の家は、異なる環境、立地条件で
一軒ずつ、お住まいになるご家族と真摯に向き合って建築した
住まいです。その実績、経験は常に次の住まいに活かされ、
施工品質においても、そういった積み重ねが
大きな信頼につながっています。

創建供給実績
10,000戸超

※2023年8月現在

実績例

※2023年8月現在
物件名 総戸数
三田エリア ルナ三田フラワータウン 60
ルナ三田ウッディタウンあかしあ台 82
ルナ三田ウッディタウンわんぱくスクエア 108
ルナ三田ひばりが丘 149
神戸エリア パークヒル神戸小倉台 75
ルナ藤原台中町パークフロント 82
ルナ上津台 81
ルナ北六甲116 クルムの街 116
西神戸・ 
阪神エリア
ルナ西神中央 97
ルナ塚口 52
ルナ昆陽池公園 51
東大阪・ 
北摂エリア
ルナ南摂津 80
ルナ加納 71
ルナ山本 57
大阪市内・ 
南大阪エリア
ルナタウン島屋 55
ルナ城山公園 52
ルナ東百舌鳥 109
ルナ原山台 46
京都エリア ルナシティ同志社山手 237

街を拓き、家を建てる。
その先の未来まで考えながら
住まいづくりを積み重ねた結果が、
1万戸超の金字塔に。

商号

株式会社 創建

創立

昭和58年3月1日

設立

昭和61年9月4日

資本金

8,000万円

代表者

代表取締役会長 吉村 孝文

代表取締役社長 吉村 卓也

執行役員一覧

執行役員 大下 憲二

執行役員 岡本 賢二郎

本社所在地

〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町3丁目5番13号
創建御堂筋ビル5階
Tel:06-6221-0001 Fax:06-6221-0155
詳しい地図はこちら

東京支店所在地

〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1丁目16番5号
ヒューリック神田ビル6階
Tel:03-5209-5505 Fax:03-5295-2030
詳しい地図はこちら

売上高

151.3億円(令和5年5月期)

従業員数

従業員数 190名 創建グループ総数 343名(令和5年5月期)

事業内容

建売住宅・マンション等の販売/オフィスビル商業施設等の賃貸/
建築総合請負/設計監理に関する業務/リフォーム事業/外壁塗装事業

Check

大阪府と連携し
ZEHの普及に取り組んでいます

ZEHとは、住宅の高断熱化と省エネルギー設備機器により消費エネルギーを減らしつつ、太陽光発電等によりエネルギーをつくることで、年間で消費する住宅のエネルギー量の収支が概ねゼロとなる住宅のことです。創建・小林住宅ではZEHの普及を進める大阪府の協力事業者として連携協定を締結し、ZEH宿泊体験を提供しています。

大阪府と創建・小林住宅の連携協定
image photo

本社所在地

本社所在地

〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町3丁目5番13号
創建御堂筋ビル5階
Tel:06-6221-0001 Fax:06-6221-0155
大阪府知事登録(ト)第13668号/東京都知事登録 第59802号

施工エリア

施工エリア 関西二府四県

施工エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城

※別途、交通費が発生する場合があります。

外壁塗装の参考文献