住むだけで得する住宅?!光熱費0円住宅を実現

いま光熱費はいくらかかっていますか?

家の外・内側のダブル断熱工法で『熱と湿気を抑える』。断熱住宅

「UA値」とは、

断熱性能のレベルを示す数値のことで、この数値が小さいほど、熱が逃げない省エネ住宅といえます。 ルナ同志社山手は基準をクリアしているため、冬にエアコンを稼働させ一度あたためれば、その室温は下がりにくくあたたかい温度が長続きします。

「C値」とは、

快適な住まいの実現に欠かせないのが「気密性」。「気密性」の基準は、家の隙間をC値という数値で表されます。気密性の高い住宅なら熱を逃さないので光熱費に差が出ます。創建では一邸一邸「気密測定」を行っています。

『電気を自給自足できる』ダブル発電システム。

内断熱住宅の支払いは、従来の『住宅ローン』+『光熱費』の考え方。創建は『光熱費』が0円なので『住宅ローン』のみ! 住宅ローンがやっと終わった!という時に年間にかかる光熱費が年間約28万円なのと、0円ではどちらが良いですか?

※太陽光発電4.935kWの場合、売電収入含む。※屋根サイズ等により搭載容量に制限の出る場合があります。※専任スタッフにより1邸1邸試算します。

創建について

トップに戻る

トップへ戻る